男性向けAVとの違い|男性向けAVと女性向けAVの違いは?アダルト動画を楽しもう!
スマホをいじる男性

男性向けAVとの違い

マフラーをして動画を見る男性

男性向けAVは、冒頭でも紹介したように視覚・聴覚から性的刺激が得られるような構成になっています。
では、女性向けAVはどのような構成で作られているのでしょうか。

まず女性向けAVはエッチシーンのみを重視するわけではなく、その前後もしっかりストーリーが構成されています。
女性は男性と違い、全体の雰囲気や流れに胸をときめかせ、興奮します。
そのため、エッチシーンと同じくらい、男女の関係性やシチュエーションを重要視しています。
男性向けAVの中にも若干のストーリーを作っている作品がありますが、不自然な内容も多いですよね。
ですが、女性向けAVでは実際にありそうなシチュエーションでストーリーが進んでいきます。
放課後の制服デートをした流れで、彼氏の部屋で、デートの帰りにラブホテルで…など、イメージしやすい内容になっています。
実際に出演しているAV女優を自分に置き換え、イケメン男優とのエッチを想像して興奮する女性も多いです。

また、エッチシーンにも男性向けAVとの違いがあり、女性向けAVでは男女2人の全体像を映すカメラアングルとなっていることが多いです。
やはりこれも女性の性的刺激の受け方に関係しており、全体のムードを重視しているのです。
それに、男性向けAVと違い、イケメンなAV男優と可愛いAV女優の競演となっていることが多く、見ていて不快な気持ちになることがありません。
男性向けAVではキモオタや中高年男性とのエッチもたくさんありますが、女性向けAVではよりリアルな男女の組み合わせとなっていて、見ていて不自然な部分が極めて少ないのです。

もちろん男性は男性向けAVを、女性は女性向けAVを見なければいけないというルールはないので、1度こうした違いを意識しながら見比べてみるのもおもしろいかもしれませんよ。